過去のメールマガジン

ニュースレター No.5 (2011.5.30)

「生物多様性民間参画パートナーシップ」ニュースレター No.5
をお送りします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

1.日本が名古屋議定書に署名
 5月11日、ニューヨークの国連本部において、日本は、
生物多様性条約COP10において採択された、ABS(遺伝資源のアクセスと利益配分)
に関する「名古屋議定書」に署名しました。署名は西田国連大使が行いました。
現在の署名国数は、24か国となっています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.生物多様性条約COP11の開催地が決定
 5月23日、インドで「国連生物多様性の10年」アジア地域キックオフ行事が
行われました。その中で、インド政府は、未定だったCOP11の開催都市について、
「ハイデラバード」に決定したと発表しました。また、COP11のスローガン、
「Nature Protects if She is Protected」も発表しました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

3.トヨタ自動車と三井物産が助成プロジェクトを募集中
(1)トヨタ環境活動助成プログラムでは、現在、支援プロジェクトを募集しています。
助成対象テーマは、「生物多様性」と「地球温暖化」であるが、今年度は「国際森林年」
であることから、「森林保全」を重点項目としています。

募集期間:2011年4月15日(金)~2011年6月15日(水) (必着)

詳細は、ホームページをご確認ください。
http://www.toyota.co.jp/jp/environment/ecogrant/

(2)三井物産環境基金では、本年度は、東日本大震災からの復興をテーマに掲げ、
震災によって発生した様々な環境問題を改善・解決し、持続可能な地域の再生を目指す
復興活動および研究を対象に助成を実施します。

第1回締切: 2011年5月31日(火)
第2回締切: 2011年6月30日(木)
第3回締切: 2011年7月29日(金)(締切日必着)

詳細は、ホームページをご確認ください。
http://www.mitsui.com/jp/ja/csr/contribution/fund/application/revival.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

4.条約事務局が震災コミュニケを発表
生物多様性条約事務局は、日本における東日本大震災発生を受け、
以下のとおりコミュニケ(日本語版を含む)を発表しました。
○コミュニケ
  生物多様性ファミリーは歴史的快挙となった名古屋生物多様性サミットの政府と
  国民の皆さまとともにある:CBD事務局が日本の復興にむけて支援
http://www.bd-partner.org/archives/904/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

5.事例投稿更新情報
一般財団法人mudefさんから、住友化学株式会社と協働で実施している、
マラリア予防に効果を発揮している防虫蚊帳「オリセットRネット」2000張を
アフリカ南部のマラウイ共和国で配布する事例をご投稿いただきました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

6.ビジネスと生物多様性に関する欧州の動き(by IUCN日本プロジェクトオフィス)

去る5月3日、名古屋でのCOP10の成果を受けて、2020年に向けたEUの新しい生物多様性戦略が
発表されました。このEUの新しい生物多様性戦略は、2010年に発表されたEUの2020年戦略
(欧州2020)に記載されている7つのフラッグシップイニシアチブのうちのひとつである
「資源効率性の高い欧州」の下位戦略として位置づけられているものです。
この新しい生物多様性戦略は「愛知目標」と同様に、2050年のビジョンと2020年に向けての目標を
掲げています。さらに、この2020年の目標を達成するために6つの個別目標を設け、それぞれの
目標に対応した「アクション」のリストが示されています。

ちなみに、6つの個別目標は、1)種と生息地の保全、2)グリーンインフラストラクチャー
構築・生態系回復、3)農業・林業、4)漁業、5)外来種、6)世界への貢献、に関するもの
となっています。そして、これらの目標を実現するために、EUのビジネスと生物多様性プラット
フォームの強化や各国やグローバルレベルでの類似イニシアチブとの連携も位置づけられています。
なお、EUのビジネスと生物多様性プラットフォームは、農業、林業、食品サプライチェーン、
資源採掘型産業、観光業、金融業の6つのセクターに焦点を絞っており、これまで約70の企業が
参加し、事務局はIUCN欧州地域事務所内に置かれています。

[参考資料]
・EU新生物多様性戦略:http://ec.europa.eu/environment/nature/biodiversity/comm2006/pdf/2020/1_EN_ACT_part1_v7[1].pdf
・EUビジネスと生物多様性プラットフォーム:http://ec.europa.eu/environment/biodiversity/business/index_en.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

7.ホームページに対するご意見・ご要望をお寄せ下さい。

こんな情報が欲しい、こういう機能があったらうれしい、などご意見・ご要望を
お待ちしております。
ご連絡は「通常のお問い合わせ」フォームからどうぞ。

    http://www.bd-partner.org/contact/contact_standard/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
生物多様性民間参画パートナーシップ事務局
(経団連自然保護協議会事務局内)
100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
e-mail: info@bd-partner.org