過去のメールマガジン

ニュースレターNo.2(2011.01.21)

「生物多様性民間参画パートナーシップ」ニュースレター No.2
をお送りします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.ご投稿ありがとうございます。

皆さまからお寄せいただいた情報により、当ホームページも次第に情報量が増えてまいりました。
さらなる充実を図るため、今後とも、メンバーの皆さまの事例やイベントに関する積極的なご投稿をお待ちしております。

(1)事例紹介( http://www.bd-partner.org/case/
  生物多様性に関する取り組み事例をご紹介下さい。
   投稿はこちら ↓
    http://www.bd-partner.org/contact/contact_case/

(2)イベント情報( http://www.bd-partner.org/calendar/
  生物多様性に関するイベント情報をご紹介下さい。
   投稿はこちら ↓
    http://www.bd-partner.org/contact/contact_event/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.更新情報

(1)事例紹介
  A.事業者会員様からの事例として、
    ・Value Frontier 様
    ・森ビル 様
    ・シャープ 様
   から、ご投稿いただきました。
      http://www.bd-partner.org/case/

  B.海外のイニシアティブに関する情報を掲載しました。
      http://www.bd-partner.org/case/abroad/

  C.事例のカテゴリを新設しました。
    ・NGO等に対する助成金
    ・企業顕彰
   関連する情報(助成金申請受付開始など)ありましたら、お寄せください。

(2)参考資料
  A.「COP決議事項関連」のページを新設しました。
     「愛知目標」「名古屋議定書」の日本語(仮訳)へのリンク、
     COP8以来の「民間(ビジネス)の参画」に関する決議や
     COP10の全決議事項へのリンクなどがあります。
      http://www.bd-partner.org/reference/copdecision/

  B.「その他」ページを新設しました。
     経団連自然保護協議会がCOP10期間中に実施した国際会議の成果である「共同宣言」を掲載しています。
      http://www.bd-partner.org/reference/others/

(3)イベント情報
  以下の新着情報が掲載されています。
   ・多摩・三浦ウォーキングラリー(開催:3/12、申込:2/15~)
   ・企業と生物多様性セミナー(開催:2/10)
   ・生物多様性保全活動促進法に関する説明会・意見交換会(開催:1/26~)
      http://www.bd-partner.org/calendar/

(4)ニュース
  A.「国連生物多様性の10年」が国連総会で採択されました。
      http://www.bd-partner.org/archives/591/

  B.1月24日から、ニューヨークで「国連森林フォーラム」が開催され、「国際森林年」が正式にスタートします。
      http://www.bd-partner.org/archives/506/

     ※「国際森林年」についてはこちら
            http://www.rinya.maff.go.jp/j/kaigai/2011iyf.html

  C.1月20日~2月10日まで「海洋生物多様性保全戦略」(案)のパブコメが募集されています。
      http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13389

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.レポート

○アジア型保護地域に関する国際専門家会合について
 本会合に出席した、IUCN日本プロジェクトオフィスの古田尚也さんによるレポートです。

 去る1月8日(土)~10日(月)にかけて、名古屋COP10後に初めて日本で開催される国際会合として、秋田県の国際教養大学において環境省、世界保護地域委員会日本委員会(WCPA-J)、公立大学法人国際教養大学の主催による「ポスト2010年目標及びCBD/COP10決議を受けたアジア型保護地域に関する国際専門家会合」が開催されました。
 名古屋では、「愛知目標」の目標11に保護地域に関する数値目標が合意されました。こうしたCOP10の成果を踏まえ、アジアの10カ国以上からの政府関係者や研究者、IUCNの国際専門家などを含む約100名が会合に参加し、経済成長著しいアジアにおける保護地域の管理の問題や課題について熱心な議論が行われました。日本からは、企業を含むさまざまな土地所有者と地域関係者が協力しながら管理を行う、日本独特の「地域制」保護地域管理の仕組みが紹介され、多くの参加者の関心を集めました。また、2013年にアジア全域を対象とした最初の国立公園に関する国際会議を開催することや、「愛知目標」実現に向けたパートナーシップ強化の重要性などが確認されました。

    http://wcpa-j.jp/japanese/top/top.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.当ホームページへのリンクのお願い

生物多様性民間参画パートナーシップのロゴタイプのバナーのデータができました。
各メンバーのホームページなどから、当ホームページへのリンクづけの際にご利用ください。
また、パートナーシップの会員様関連のホームページから、当ホームページへのリンクについては、事務局への連絡は不要といたしますので、積極的なリンクをお願いいたします。

    http://www.bd-partner.org/project/pamphlet/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
5.ホームページに対するご意見・ご要望をお寄せ下さい。

こんな情報が欲しい、こういう機能があったらうれしい、などご意見・ご要望をお待ちしております。
ご連絡は「通常のお問い合わせ」フォームからどうぞ。

    http://www.bd-partner.org/contact/contact_standard/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
生物多様性民間参画パートナーシップ事務局
(経団連自然保護協議会事務局内)
100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
e-mail: info@bd-partner.org