一般のイベント

プランテーション・ウォッチセミナー 「熱帯林とCSR-2015- パーム油産業の課題と対応」

開催日:2015年2月3日

■イベント名
プランテーション・ウォッチセミナー 「熱帯林とCSR-2015- パーム油産業の課題と対応」

■イベント日時
2015年2月3日(火) 13:30~16:30

■イベントの詳細(紹介文)
プランテーション・ウォッチセミナー
「熱帯林とCSR-2015- パーム油産業の課題と対応」
http://www.jatan.org/?p=3170

【日 時】2015年2月3日(火) 13:30~16:30

【場 所】日比谷図書文化館・小ホール(東京・内幸町)

【アクセス】http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
(東京メトロ「霞ヶ関駅」より徒歩約3分、都営地下鉄「内幸町駅」より徒歩約3分、JR 新橋駅より徒歩約10分)

【趣旨】
パーム油の主な生産国であるインドネシアとマレーシアでは、パーム農園開発により保護すべき森林の減少、地域住民との土地紛争などが深刻な問題となっており、これらの問題解決に向けて世界的に関心が高まりつつあります。
このセミナーではインドネシアで現地NGOと多くの調査研究・提言活動を行っているフォレスト・ピープルズ・プログラムより、パトリック・アンダーソン氏をお招きし、現地における現状と課題についてお話いただきます。またサラワク州での現地調査の結果等から、私たちの暮らしと関わるパーム油産業の課題と対応について考えます。

【プログラム】
1.    パーム油でつながる熱帯林と私たちの暮らし
(飯沼佐代子/地球・人間環境フォーラム)
2.    インドネシアのパーム農園開発と住民紛争
(パトリック・アンダーソン/フォレスト・ピープルズ・プログラム)
3.    サラワク州のパーム農園開発と森林減少
(三柴淳一/国際環境NGO FoE Japan)
4.    まとめと提言
(川上豊幸/レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部)

【共 催】
国際環境NGO FoE Japan、サラワク・キャンペーン委員会、
地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、
メコン・ウォッチ、レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部

【参加費】無料

【お申込み】
以下のURLに必要事項を記入してご登録ください。
http://goo.gl/forms/QF000h6S05
上記リンク先から登録ができない場合、お問い合わせ先まで以下の必要事項
をお送りください。[ご氏名・ご所属・メールアドレス・電話番号]

【お問い合わせ】
熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
Tel: 03-5269-5097 Email: info★jatan.org(★を@に変更)
本セミナーは地球環境基金から助成を受けて開催します。