一般のイベント

「生物多様性の回復に向けた在来種植栽フォーラム」の開催のお知らせ

開催日:2015年1月29日

都は、生物多様性の回復に向けた取組の一つとして、東京在来の生きものの生息空間の拡大に貢献する、在来植物による緑化を推進しています。

今年度から、都は在来種植栽を有する下記3事業者と協定を締結して、在来種植栽の管理手法に関する実証実験等を進めていますが、この度、検討経過を報告するとともに、在来種植栽という新しい緑化が持つ今後の可能性について、幅広い視点から議論するフォーラムを開催します。

 

日 時:2015年1月29日(木)14:00~16:30(受付開始13:30)

場 所:都庁第一本庁舎北側5階 大会議場(案内HPから案内図をご参照ください)

主 催:東京都

共 催:株式会社フジクラ、三井住友海上火災保険株式会社、森ビル株式会社

参加費:無料

定 員:450名(先着順)

プログラム:

【基調講演】横張 真 東京大学大学院工学系研究科教授

「現代の東京で自然を考える」

【事例報告】

株式会社フジクラ

三井住友海上火災保険株式会社

森ビル株式会社

東京都環境局

【パネルディスカッション】

「なぜ今、在来種を植えるのか~在来種植栽の意義と管理~」

<コーディネーター>

三輪 隆

(一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ持続的土地利用WGリーダー)

(株式会社竹中工務店技術研究所)

<パネリスト>

横張 真(東京大学大学院工学系研究科教授)

田邉雄索(株式会社フジクラ 不動産カンパニー 開発プロジェクトマネージャー)

浦嶋裕子(三井住友海上火災保険株式会社 総務部 地球環境・社会貢献室課長代理)

峰﨑善次(森ビル株式会社 環境推進室参与)

梅田光司(東京都植木農業協同組合 代表理事 組合長)

内藤義和(東京都環境局 自然環境部計画課 緑化施策推進担当課長)

申込方法:

ファックスまたはメールにて、必要事項 ①催し名(在来種植栽フォーラム) ②参加者全員の氏名・ふりがな ③代表者の連絡先(電話番号、ファックス番号またはメールアドレス)を記載し、下記あてにお申込みください。

申込締切:2015年1月20日(火)

申込書を使用する場合は、下記案内HPからダウンロードできます。参加の可否については、1月中旬にファックスまたはメールでお知らせします。

【案内HP】

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/green/edo_midori/index.html

【申込先ファックス】03-3409-3862

【申込先メールアドレス】MLzairai@ml.serco.co.jp(申込窓口:株式会社セルコ)