事例紹介

キリンホールディングス㈱

2014年3月5日

日本に輸入されるスリランカ産の紅茶葉の約25%が紅茶飲料のNo.1ブランド「午後の紅茶」に使用されています。これを受け、スリランカの調達先農園の持続性を評価し、その4割が何らかの認証を取り年々向上していることを確認しました。さらに地域全体の持続性を高めるために、自ら持続可能性を高めようという意欲ある農園の持続可能な農法認証(レインフォレストアライアンス)取得の支援を行なっています。

【愛知目標4】【行動指針3-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする