事例紹介

マツダ株式会社

2014年3月5日

「エネルギー」や水資源を含む「資源」を重点として生物多様性への影響度軽減のため、商品、生産・物流工程で取り組みを進めている。商品での取り組みは、「自動車の燃費向上(SKYACTIV技術等の開発・導入)」「資源リサイクル推進(リサイクル容易な部品や素材の開発・採用)」、生産・物流工程での取り組みは、「地球温暖化防止(モノ造り革新、省エネルギー生産の取り組み)」「資源の有効活動の推進(リサイクル推進、グリーン調達推進)」など。

【愛知目標4】【行動指針4-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする