事例紹介

沖縄電力株式会社

2014年3月5日

低炭素社会を実現する手段の一つとして、当社初となる液化天然ガス(LNG)を燃料とした吉の浦火力発電所を運用を開始しました。当該発電所は、LNGを燃料としていることから、他の化石燃料と比べてCO2排出量を削減することができ、硫黄酸化物やばいじんの発生もない、環境に優しい発電設備です。また、当該発電所は、発電効率に優れたLNGコンバインドサイクル発電システムを採用し、エネルギー効率の向上も図っています。

【愛知目標4】【行動指針3-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする