事例紹介

積水ハウス株式会社

2014年3月5日

◆独自の「木材調達ガイドライン」の策定と運営;自社で使用する木材について、生物多様性への配慮を軸とした「フェアウッド」を目指して独自の「木材調達ガイドライン」を作成し、木材の持続可能性を数値化し総合評価する仕組みを整備。自社と取引のある主要な木質建材メーカーに対して内容の勉強会などで周知をしたうえで、運用への協力を依頼してサプライチェーンを積極的に巻き込みながらに推進している。

【愛知目標4】【行動指針1-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする