事例紹介

マツダ株式会社

2014年3月5日

<参考:マツダのグループ企業の取り組み>
当社の新工場であるメキシコ工場建設地において十分な環境への配慮をしている。
・メキシコで希少とされている成育の遅いメスキーテを積極的に保護
・自然環境保護地域の地下水供給源の一つとして、雨水を効率的に浸透させる溝を構築。雨水利用による水源涵養と同時に、荒れ地の再生および自然保護(緑化)を推進
・敷地内の土砂の採取や移動はマテリアルバンクという土砂管理の仕組みに基づき適切に実施

【愛知目標5】【行動指針2-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする