事例紹介

花王株式会社

2014年3月5日

<クロマツ防潮林の保全(和歌山工場)>和歌山工場では2011年から、生物多様性保全の視点を取り入れ、工場内緑地の保全から地域の生態系の保全へと活動を深化させています。その一環として、松林に生息する動物や樹木のモニタリング調査を行なっており、20種類以上の野鳥を確認しています。こうした調査結果をベースに、地域の生態系に適した緑地の保全を行なっていきたいと考えています。

【愛知目標5】【行動指針3-3】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする