事例紹介

前田建設工業株式会社

2014年3月5日

・閉鎖性水域における取り組み
当社は閉鎖性水域における水質改善・生物多様性保全の取り組みを実施している。周辺家屋からの生活排水流入などにより、富栄養化現象が進行した閉鎖性水域において、水質悪化による生態系の変化が危惧されていた。そこで、当社は、水中に浮遊する汚濁物質を直接吸着させるための浮島を設置した。この浮島に植生を設置したことより、カモやサギなどの鳥類が羽を休めたり、トンボや蝶などの昆虫類が集まる様子が観察されている。

【愛知目標8】【行動指針5-2】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする