事例紹介

横浜ゴム株式会社

2014年3月4日

生物多様性保全活動  弊社は大量の周辺河川の資源に依存して製品を生産している。その結果何らかの環境影響を及ぼしているものと考え、河川流域を対象に生物層モニタリング調査の実施と地域住民・行政・NPOと協議しながら河川清掃や外来種の駆除などを実施している。

【愛知目標11】【行動指針3-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする