事例紹介

清水建設株式会社

2014年3月4日

兵庫県が朝来市に建設する洪水調整などを目的とする与布土ダム建設工事では、周辺に生息するクマタカやオオサンショウオなど貴重な動植物などの生態への影響を軽減するため、仮設備のアースカラー塗装、防音カバー設置、新工種着手時のコンディショニング(クマタカを慣れさせるため、建設機械を現場に置いておくだけの期間から徐々に作業時間を延ばす)などを実施。

【愛知目標12】【行動指針3-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする