一般のイベント

【日立イノベーションフォーラム2013】

開催日:2013年10月30日

日立イノベーションフォーラム2013で環境(ITエコ実験村)に関するセミナーを
開催する予定ですので、お越し頂ければ幸いです。
(※セミナー参加には事前ウェブ登録が必要ですが無料です。)

http://iforum.hitachi.co.jp/

日時:10月31日(木)12:40-13:30
(セミナー番号: LI02-09)
場所:東京国際フォーラム(有楽町)
講演タイトル:
日立ITエコ実験村で取り組む生態系保全活動と環境社会貢献活動 

(ウェブ登録はこちらからどうぞ:
https://hjid.ext.hitachi.co.jp/public/application/add/106?catl=4

講演者:
千村ネイチャー倶楽部 倶楽部企画 高橋 直 氏

(株) 日立製作所 情報通信システム社
経営戦略室 環境推進本部 本部長付
谷 光清

日立ITエコ実験村は、企業の環境保全・社会貢献のICT実験場として
2011年にスタートし、来村者数が3,000名/年を超えるまでに至りました。
今後、秦野市千村をベースに持続的に活動するために参加者や
地元の方の心理研究を試みながら進めている活動事例をご紹介します。
特に、エコ村を取り巻くプレーヤーは、社会の動きと相まって変化
しています。企業の環境保全の関与方法における最新モデルやこれまで
研究してきた社会心理研究とこれからの地域におけるスマートコミュニティー
の合意形成を視野に入れた研究成果をご紹介します。

日時:10月31日(木) 15:20-16:50
(セミナー番号: SI02-13)
場所:東京国際フォーラム(有楽町)
講演タイトル:
生物圏保全も見据えた地球環境未来都市研究会活動と今後の課題について

◇モデレータ
横浜国立大学 佐土原聡 氏
◇パネリスト
神奈川大学 川瀬博 氏
横浜市 遠藤 寛子 氏
地圏環境テクノロジー 西岡 哲 氏
(株)日立製作所 小泉 亨 坂口 英志

概要:
21世紀、人類最大の課題はその生存持続可能性のために、地球環境問題の
中でも特に生物圏保全も考えた地域のリ・デザインが大きな課題になります。
横浜国立大学を中心にスタートした地球環境未来都市研究会の活動や
リデザインツールとしてのICTの利活用事例研究を紹介し、参加者の皆さまと
一緒に問題解決の糸口を探ります。特にフィールドを富士山に始まる相模川
・酒匂川の水源流域から東京湾沿岸都心工業域までの人口路で結ばれた
神奈川拡大流域圏を形成する地球環境未来都市の都市デザインのモデル
として議論します。

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする