一般のイベント

経団連自然保護協議会 会員総会記念講演会・シンポジウム

開催日:2013年5月22日

演題:「生物多様性保全に向けた企業への期待とその役割」

 【日時】 5月22日(水)13:00~16:00(12:30より受付け開始)

【場所】 経団連会館 4階 401号室 ダイアモンドルーム北

【主催】 公益信託経団連自然保護基金・経団連自然保護協議会(共催)

【プログラム】

 13:00~ 開会挨拶  経団連自然保護協議会会長        佐藤 正敏 

 13:05~ 2013年度公益信託経団連自然保護基金支援プロジェクト紹介

       三井住友信託銀行㈱(受託者)代表者

  13:15~ 事例発表:『企業活動に密着した生物多様性保全への取組み事例の報告』

      ・キリン㈱「持続可能な生物資源の利用」

       ・㈱東芝「工場における生態系ネットワーク構築と希少動植物の生息域外保全」

       ・富士フィルム㈱「富士フィルムグループの生物多様性への取り組み」 

 14:30~ 講演:『生物多様性保全をめぐる課題と企業への期待~日本各地の現場を

         歩いて~』         金沢大学 准教授 香坂 玲氏

         【内容】生物多様性の保全や持続可能な利用のために、多くの企業が商品開発、自社

             のコンサルティングや提言のために、本業に組み込んだ活動を本格化させて

             いる。特に土地利用、遺伝資源、伝統的な知識や待ったなしの地域社会再生

             のために、生物多様性を有効に活用することが鍵であり、本講演では、各地

             の行政、市民社会、企業の取り組みを紹介する。

 (15:10~15:20  休憩)

 15:20~ シンポジウム:『生物多様性保全に向けた企業への期待とその役割』

      パネリスト:前記の発表者の方々ならびに下記の両氏

                 金沢大学 准教授          香坂  玲 氏

              バードライフ・インターナショナル・アジア部門 代表 鈴江 恵子氏

 

      ※プログラム内容は変更となる場合もありますので予めご承知置きください。

 

【定員】   100名

【参加費】  無料

【申込方法】 e-mailをお送り下さい。 kncf@keidanren.or.jp 担当:松本

 

【申込期限】 5月15日(水)必着

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする