事例紹介

株式会社 損害保険ジャパン

2012年11月28日

「協働の森づくり」

日本国内の市町村6か所と森林協定を結び、地域の市民団体と協働で森づくりを行い、気候変動の緩和、災害に強い国土づくりに貢献し、生物多様性保全の理解を深めている。埼玉県嵐山町では、敷地内に観測ポイントを設定し、カメラにより定期的に生態系を観測し、カブトムシ小屋造り等、森づくりに参加する子供達への生物多様性に関する教育に活用している。

【愛知目標5】【行動指針7-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする