事例紹介

森ビル株式会社

2012年11月28日

上記再開発事業においては、表土を予め確保し植栽時に元に戻すという行為を行うことで土壌の遺伝子保存を行った。また新植する樹木については、基本的に東京・埼玉の圃場にあるもののみと規定することで、樹種の遺伝子にもついても配慮した。

【愛知目標13】【行動指針3-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする