事例紹介

東京ガス株式会社

2012年11月28日

未来を担う子どもたちの健全な育成を支援し、エネルギーや環境について楽しく学び、正しい知識が身につけられる機会を提供する環境コミュニケーションの場として、1998年に「環境エネルギー館」を設立し、無料開放しています。生態系や環境問題など環境関連の展示物や屋上にあるビオトープなど、見るだけでなく実際に触れ、自由に体験いただけることから、学校団体などによる校外学習の場としても活用されています。

【愛知目標1】【行動指針3-3】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする