事例紹介

住友林業株式会社

2012年11月28日

社有林において、「生物多様性に関する基本方針」を定めて取り組んでいる。具体的には、全社有林での森林認証の取得、環境保全を重視する環境林の設定、生物多様性への負荷を減らす小面積皆伐の導入、生物多様性豊かな水辺を保全する水辺林保全管理マニュアルの制定と運用、社有林に生息する可能性のある動植物をまとめたレッドデータブックの作成と従業員教育など。

【愛知目標7】【行動指針3-2】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする