事例紹介

株式会社 東芝

2012年11月28日

2015年までにグローバルのすべての拠点でビオトープを整備する目標を掲げている。事業所ビオトープは、①緑地の植栽変更による空中移動性の生き物の呼び込み、②希少な動植物の生息域外保全、と定義している。①は園芸種(人が見て美しいと感じるもの)から在来植物(地域の生き物が好むもの)に切り替えることで空中移動性の生き物(蝶など)を呼び込み、事業所緑地をビオトープ化する。

【愛知目標12】【行動指針6-1】

東芝グループ環境レポート2012(2012年9月発行予定)

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする