事例紹介

三井住友海上火災保険株式会社

2012年11月28日

駿河台ビルは1984年の竣工当時から屋上庭園等、敷地に対し40%の緑地を備え、企業の緑化取組の先駆けとなった。現在では皇居と湯島聖堂・上野公園を結ぶエコロジカルネットワークの創出を目指し、2012年2月に竣工した駿河台新館の緑地において、野鳥や蝶などが好む樹種を選定し、都市の生物多様性に配慮している。(駿河台ビルは改修のため2013年秋まで閉鎖中)

【愛知目標4】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする