事例紹介

富士フイルム株式会社

2012年11月28日

化学物質の生態系への影響を把握し、生物多様性を保全するため、GLP適合確認を受けた安全性評価センターにて、化学物質の生態系での分解性や生物(コイ)への蓄積性を評価する試験や、生態系の水生生物(藻類、ミジンコ、魚類)への影響を評価する試験を行い、生態系への影響を幅広く評価している。さらに、より長期的な視点で評価するため、水生生物の繁殖まで視野に入れた慢性毒性試験の導入を目指して検討を進めている。

【愛知目標4】【行動指針5-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする