事例紹介

株式会社みずほフィナンシャルグループ

2012年11月28日

グループ13社の社員とその家族を対象にした環境教育として、自治体やNPOと連携し、植樹と森林保全のボランティア、自然観察会、生物調査を実施。

また、社員1人ひとりに、生物多様性の保全などに繋がる環境宣言をしてもらい、宣言数に応じて、緑化推進地域等に苗木を寄付する活動を2008年度から実施。2011年度までに延べ10万人の社員の宣言を受け、5000本を越える苗木を全国の緑地等に寄付。

グループ13社の社員とその家族を対象にした環境教育として、自治体やNPOと連携し、植樹と森林保全のボランティア、自然観察会、生物調査を実施。また、社員1人ひとりに、生物多様性の保全などに繋がる環境宣言をしてもらい、宣言数に応じて、緑化推進地域等に苗木を寄付する活動を2008年度から実施。2011年度までに延べ10万人の社員の宣言を受け、5000本を越える苗木を全国の緑地等に寄付。

【愛知目標19】【行動指針7-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする