事例紹介

キッコーマン株式会社

2012年11月22日

2010年KSPは、シンガポール中心地の国立公園の人工池造成プロジェクトに賛同し、建設資金の一部を寄付しました。市民憩いの場となると共に、水生植物が濾過層の役割を果たし沈殿物が除去され、窒素や燐のような栄養分を吸収するように組み込まれ、良好な水循環やエアレーションを維持し良質な水を作ることで、水生植物の多様性が成育できるなど、を目的としています。この貢献に対しシンガポール政府より、「自然遺産の木」を授与されました。

【愛知目標16】 【行動指針6-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする