事例紹介

日本郵船株式会社

2012年11月22日

当社は、1982年から約30年間、温室効果ガスの分布と循環を地球規模で調べる東北大学の研究に当社運航船を提供し協力しています。この研究で、CO2濃度の急速な増加や季節変化などが明らかになりました。今後も東北大学への協力を続けていきます。

【愛知目標10】 【行動指針6-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする