事例紹介

株式会社 ツムラ

2012年11月22日

野生生薬の栽培化や保護育成に取り組んでいます。多くの漢方薬の原料として使用される甘草については、中国研究機関等との共同研究により栽培技術を確立しました。野生甘草の採集は地下茎と根を全て掘り起こすため、砂漠化につながるという問題があります。需要の増加は、野生甘草の乱獲による砂漠化や資源の枯渇が懸念されます。栽培化研究の成功は、野生甘草の保護と砂漠化防止に貢献できると考えています。

【愛知目標15】 【行動指針5-1】

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする