過去のメールマガジン

ニュースレター Vol.17

 

生物多様性民間参画パートナーシップ ニュースレター Vol.17 をお送りします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.COP11について
10月8-19日にかけて、インドのハイデラバードで生物多様性条約COP11が開催されます。
その前週の1-5日には、カルタヘナ議定書のMOP6が開催されます。
会議資料は以下からご覧いただけます。
http://www.cbd.int/cop11/doc/
また、サイドイベントのリストも公表されています。この中には、グローバルパートナー
シップの各国イニシアチブのイベントも多数含まれています。
http://www.cbd.int/cop11/side-events/?mtg=cop-11
このほか、各種のパラレルイベントも計画されており、10月16日には昨年12月に東京で
開催したビジネスと生物多様性第一回グローバルパートナーシップ会合に引き続く、
第二回グローバルパートナーシップ会合がウェスティンホテルで開催される予定です。
また、グローバルパートナーシップでは条約事務局と各国のイニシアチブが共同でブース
展示を行う予定です。パートナーシップのメンバー団体でブース展示にご興味がある方が
いらっしゃいましたら事務局までお知らせください。費用は無料です。
ビジネスと生物多様性第二回グローバルパートナーシップ会合への参加もお待ちしています。
COP11へ参加予定の企業の方は事務局まで是非お知らせください。より詳しい情報をお送り
いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.IUCN世界自然保護会議について
9月6-15日にかけて韓国済州島でIUCN世界自然保護会議が開催されました。
http://www.iucnworldconservationcongress.org/
開会式には韓国のイミョンバク大統領も参加し、世界153カ国から10,000人以上が参加
し、約600のイベントが10日間にわたり行われました。
その中では、絶滅の恐れが最も高い100の生物種リスト、生態系レッドリスト、保護地域
のグリーンリストなどの新しい取り組みが発表されました。
また、WBCSD(持続可能な開発のための世界経済人会議)を中心に数多くの企業も参加し、
マイクロソフトやグーグルなどは技術による自然保護への貢献を紹介していました。
同時に、180を超える決議が採択され、新しい会長や各地域理事、コミッションチェアの
選出、次期4ヵ年事業計画の採択が行われました。
9月9日には、経団連自然保護協議会から民間参画パートナーシップの紹介を行い、各国の
類似した取り組みとの間で情報共有・議論を行うセッションも開催されました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.生物多様性国家戦略の閣議決定
9月28日に新しい「生物多様性国家戦略2012-2020」が閣議決定されました。
これは、2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で
生物多様性に関する世界目標となる愛知目標が採択され、各国はその達成に向けた国別目標
を設定し、生物多様性国家戦略に反映することが求められたのを受けて行われたものです。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15758
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.生物多様性民間参画パートナーシップの第二回会合
12月3日の午後(13:00-18:00)に、経団連会館国際会議場において生物多様性民間参画パート
ナーシップの第二回会合を開催いたします。詳しいプログラム等は追ってご連絡をいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
○.ホームページに対するご意見・ご要望をお寄せ下さい。
こんな情報が欲しい、こういう機能があったらうれしい、などご意見・ご要望を
お待ちしております。
ご連絡は「通常のお問い合わせ」フォームからどうぞ。
http://www.bd-partner.org/contact/contact_standard/
今回も最後までお読みいただきありがとうございます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
生物多様性民間参画パートナーシップ事務局
(経団連自然保護協議会事務局内)
100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
e-mail: info@bd-partner.org