一般のイベント

東北大学生態適応GCOE コンソーシアム・シンポジウム

開催日:2012年10月26日

日時:2012年10月26日(金) 13:30~18:30
会場:海運クラブ(東京都千代田区平河町2-6-4)
後援:環境省・経済産業省
参加費:無料

生態適応GCOE「環境機関コンソーシアム」は、これまで4年間の集大成として、気候
変動と生物多様性の危機に
どのように対応するべきかを論議し、持続可能な企業経営方法を提言するシンポジウ
ムを開催いたします。
昨年秋のタイにおける洪水では、日本企業を始めとする世界経済に深刻な影響があり
ました。
この背景には気候変動による自然災害の大型化や頻度の上昇、過去30年間の森林減少
による生態系サービスの低下があると考えられます。
さらには新興国を中心とした資源需要の急増による穀物や水などの資源価格の高騰や
品不足も心配されています。
今後、企業経営を安定的に行うためには、サプライチェーン全体を管理して調達の安
定性を図る必要があるでしょう。
本セミナーでは、激変する生態系と生物多様性に対して企業はどのように適応策を考
えるべきなのか、先進的な事例を紹介し、
大学、企業、行政が今後どのような協働を進めるべきかを議論します。奮ってご参加
ください。

<プログラム>
◆基調講演1 「気候変動と生物多様性の危機は生態系サービスをどうのように変え
るのか?」
東北大学大学院生命科学研究科教授/GCOE拠点リーダー 中静透

◆基調講演2「サプライチェーン全体のフットプリントの測り方~実例と成果の紹
介」
             英国Trucost社  Head of Environmental Finance  Mr. Niel
McIndoe

◆企業事例
味の素株式会社 「持続可能な原材料調達に向けて」
              味の素株式会社 環境・安全部兼CSR部 専任部長 杉本信幸 氏

サラヤ株式会社  「資源と野生生物の保全を両立する(仮題)」
          サラヤ株式会社 営業統括本部 コンシューマー営業部 マーケティング
担当部長 代島裕世氏

日本水産株式会社 「水産資源の現状と持続可能な利用を目指して」
     日本水産株式会社 環境オフィス 環境オフィサー 日吉栄一氏

◆パネルディスカッション 「激動する生態系の変化にどう適応するか?」
パネリスト:企業事例発表者、中静透
ファシリテーター:足立直樹氏 (株式会社レスポンスアビリティ代表取締役)

◆レセプション(18:30~参加費2000円/学生1000円)
(プログラム・講演者は一部変更になる場合がございます。ご了承ください)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

★申込先:下記のサイトからお申込みください。
http://gema.biology.tohoku.ac.jp/

【お問い合わせ先】
東北大学大学院生命科学研究科
生態適応グローバルCOE支援室
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
TEL: 022-795-3637 / FAX: 022-795-3638
E-mail: eco-gcoe@bureau.tohoku.ac.jp

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする