一般のイベント

第4回生物多様性協働フォーラム~「農・林・海」の場における生物多様性を維持・利活用し続けるためのしくみ~

開催日:2012年8月26日

■団体名(主催者名)
生物多様性協働フォーラム事務局

■お電話番号
079-559-2014

■イベント名
第4回生物多様性協働フォーラム~「農・林・海」の場における生物多様性を維持・利活用し続けるためのしくみ~■イベント日時
2012年8月26日(日) 13:00~16:30

■イベントの詳細(紹介文)
生物多様性の保全と持続可能な利用の実現に向けて、市民、農林水産業、企業、行政など様々な立場の人々がどう連携を図れば良いのか?第4回フォーラムでは、滋賀県での先進的事例と生物多様性・生態系の恵みを関西に届けている徳島県での具体例を紹介し、関西と四国の生物多様性の架け橋をつくるためのしくみを考えます。
■詳細URL http://www.tokushima-u.ac.jp/docs/2012072600017/
■会 場 徳島県教育会館 (徳島市北田宮1-8-68)
 http://kyouikukai.org/access.htm
■参加費 無 料
■プログラム
□基調講演
 生物多様性保全の取り組みに対する評価と支援のしくみ 
 近藤 竜二 (滋賀銀行) 
□事例報告
①「農業」の場における協働 -ハス田に生きるカワバタモロコの保護・増殖活動
 田代 優秋 (徳島県立佐那河内いきものふれあいの里ネイチャーセンター)
②「海」における協働 -“千年サンゴ”保全とまちづくり
 浅香 新八郎 (千年サンゴと活きるまちづくり協議会)
③「森づくり」の場における協働 -「とくしま協働の森づくり事業」とカーボンオフセット
 大田 浩二 (社団法人 徳島県林業公社)
④「流通」の場における協働 -安全・安心な食の供給インターフェイスとしてのとくしまマルシェ
 田村 耕一 (公益財団法人 徳島経済研究所)
□コメント-協働の取り組みをつなぎ、拡げるために-
 大友 哲也 (農林水産省大臣官房環境政策課)
 貞本 秀昭 (日亜化学工業株式会社)
 渡邊 義也  (大塚製薬株式会社)
 宮川 五十雄 (生物多様性かんさい)
 西田 貴明  (三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社/徳島大学環境防災研究センター)
  【コーディネータ】鎌田 磨人 (徳島大学)
□統括と今後の展望 
 渡邉 綱男 (環境省自然環境局局長)
 飯泉 嘉門 (徳島県知事)
(2)お申し込み方法
 以下、webサイト お申し込み専用ページよりお申し込みください。
 URL: http://www.murc.jp/forum/BDC.html
※なお、自社・団体の生物多様性に関する取り組みを紹介したパンフレット等を会場スペースで展示・配布することが可能です。ご希望の場合は、参加申し込みの際、「パンフレットの配架希望」の項目で「希望する」を選択してください(応募多数の場合は先着順とさせていただきます)。
■主催:生物多様性とくしま会議、徳島県、徳島大学環境防災研究センター、生物多様性協働フォーラム事務局(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社、兵庫県立人と自然の博物館、特定非営利活動法人西日本自然史系博物館ネットワーク)
■協力:環境省、生物多様性民間参画パートナーシップ、大阪市立自然史博物館、滋賀県立琵琶湖博物館、生物多様性かんさい、株式会社三菱東京UFJ銀行
■後援:関西広域連合、公益社団法人関西経済連合会、大塚製薬株式会社、日亜化学工業株式会社、株式会社阿波銀行、株式会社徳島銀行、一般社団法人徳島新聞社、四国放送株式会社、日本放送協会徳島放送局、とくしま環境県民会議、四国生物多様性ネットワーク、四国環境パートナーシップオフィス

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする