一般のイベント

【世界遺産条約40周年関連イベント】ワークショップ「大規模自然災害と保護地域~インド洋大津波の経験を三陸復興国立公園(仮称)につなげるために~」

開催日:2012年2月17日

世界遺産条約40周年関連イベントとして、ワークショップ「大規模自然災害と保護地域~インド洋大津波の経験を三陸復興国立公園(仮称)につなげるために~」を平成24年2月17日(金)に、環境省及び外務省の共催により開催いたします。

 

■開催概要
・日時: 平成24年2月17日(金) 14:00―17:00
・場所:三田共用会議所 大会議室
・主催: 環境省、外務省
・後援:国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)、世界保護地域委員会日本委員会(WCPA-J)
■プログラム
(1)基調講演(14:00~15:50)
・自然災害と回復に向けた保護地域の役割
(Mr. Jeffrey McNeely(IUCNシニア科学アドバイザー))
・スリランカにおけるインド洋津波の自然環境への影響
(Mr. Syed Ali Raza Rizvi(IUCNアジア地域気候変動・災害復旧プログラム長))
・東日本大震災の生態系及び国立公園施設への影響
(深谷雪雄(環境省東北地方環境事務所宮古自然保護官))
・三陸復興国立公園構想
(佐々木真二郎(環境省国立公園課公園計画専門官))
(2)パネルディスカッション(15:50~17:00) (70分)
「インド洋大津波の経験を三陸復興国立公園に活かす」
・パネリスト:Mr. Jeffrey McNeely、Mr. Syed Ali Raza Rizvi、 熊谷嘉隆(国際教養大学教授)、吉田正人(筑波大学准教授)、桂川裕樹(環境省国立公園課長)
・コーディネイター:岩槻邦男(兵庫県立人と自然の博物館館長)

申し込み方法等詳細は以下をご参照ください。

環境省報道発表

 

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする