一般のイベント

11/25(金)「関東地方生物多様性座談会」の開催について(参加者募集)

開催日:2011年11月25日

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の結果を踏まえた生物多様性国家戦略の改定に向けて、多くの方々から広く意見を伺うことを目的として、11月25日(金)に関東地方環境事務所主催「関東地方生物多様性座談会」を開催しますので、ご案内いたします。

ぜひご参加いただき、生物多様性国家戦略改定へのご意見をいただけると幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<関東地方生物多様性座談会 ~いのちの共生を未来につなげるために~>

■日時:平成23年11月25日(金)14時00分~16時00分(受付開始13:30)

■場所:航空会館7階 大ホール(東京都港区新橋1-18-1)

    (地図 http://www.kokukaikan.com/tizu.htm) 

■申込先

 (財)自然環境研究センター E-mail:ka_zadankai@jwrc.or.jp / FAX:03-5824-0968

  ※ご氏名(ふりがな)、ご所属、連絡先(E-mailまたはFax)を添えてお申し込みください。

   折り返し、参加証を送付いたします。

■詳細は、こちらをご覧ください。

 ○当所HPプレスリリース:http://kanto.env.go.jp/pre_2011/1101b.html

■プログラム

14:00-14:05 主催者挨拶  森谷 賢(関東地方環境事務所長)

14:05-14:15 環境省説明 『生物多様性を取り巻く昨今の状況』

14:15-15:00 話題提供

        及川 ひろみ 氏(認定NPO法人宍塚の自然と歴史の会理事長)

         『多様な主体の協働による宍塚の里山保全の取り組み』

         松田 裕之 氏(国立大学法人横浜国立大学大学院教授)

                 『愛知目標で自然をどう守るか?科学者にできることは?』 

              堀内 昌英 氏(アサヒグループホールディングス株式会CSR部門ゼネラルマネージャー)

                 『生物多様性と企業活動について ~ 企業の取り組み事例』

15:10-16:00 意見交換・質疑応答

         渡辺 竜五 氏(佐渡市農林水産課長)

                 『トキと共生する地域づくり』

               水谷 誠 氏(横浜市環境創造局環境プロモーション担当課長)

                 『ヨコハマbプラン(生物多様性横浜行動計画)の実現に向けて』

              ○会場の参加者を交えての意見交換・質疑応答

■問合せ先

  関東地方環境事務所野生生物課(担当:田畑) 

℡:048-600-0817  E-mail: REO-KANTO@env.go.jp  

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする