一般のイベント

クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF)の助成金セミナー開催のお知らせ

開催日:2011年10月2日

NGOの皆さまへ

CEPFは、2002年に設立された、生物多様性ホットスポット※1における自然と人の暮らしを守る市民社会による取り組みを支援する基金で、日本政府、世界銀行、地球環境ファシリティ(GEF)、フランス開発庁(AFD)、マッカーサー財団、国際NGOコンサベーション・インターナショナルの6者が運営しています。この助成金に関するセミナーを来月10月2日、毎年恒例の国内最大級の国際協力イベント、グローバルフェスタ内で行います。

本セミナーでは、CEPFの概要や世界各地の実践例をご紹介した後、CEPFの助成対象活動や地域、申請プロセスなどについてご説明致します。

CEPF運営パートナーおよび事務局一同、ホットスポット地域でご活躍されているNGO/NPOの皆様のご参加をお待ちしております。

なお、ブースも出展しておりますので、併せてお立ち寄りください。

※1生物多様性ホットスポット・・・地球上でその場所にしか生息しない固有の生物種を多数有していながら、原生生態系の70%がすでに失われている最も危機に瀕した地域です。地球上の地表面積の2.3%を占めるのみにも関わらず、ホットスポットには絶滅が最も危機にさらされている哺乳類鳥類、両生類種の75%、全ての維管束植物種の50%、陸上脊椎動物種の42%が生息しています。

CEPFの具体的な対象地域はこちら http://www.cepf.net/jp/where_work/Pages/GlobalMap.aspx

開催概要
開催日時:10月2日(日)11時-12時 
開催場所:日比谷公園グローバルフェスタワークショップ会場③
言語:日本語
登録:不要(グローバルフェスタホームページhttp://www.gfjapan.com/ をご覧ください。)

※資料の準備の都合上、事前にご連絡いただけると幸いです。

セミナーに関するお問い合わせ先:ci-japan@conservation.org
クリティカル・エコシステム・パートナーシップ基金(CEPF)日本国内事務局

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする