一般のイベント

グリーン・ホリデー2011「シマフクロウの森を守ろう」

開催日:2011年8月5日

シマフクロウは世界最大のフクロウで、日本では北海道だけに生息しています。アイヌ語で「コタン・コロ・カムイ(村の守り神)」、その鳴き声から「フムフム」とも呼ばれています。

日本野鳥の会は、シマフクロウを豊かな森を守る指標として、その生息地保全に取り組んでいます。

夏休みを利用して、将来シマフクロウが暮らすことのできる豊かな森をつくるため、一緒にドングリの木を植えませんか?

レンジャーがご案内する、北海道の広大な森や湿原の歩いて自然と触れあうプログラムもご用意しています。

夏休みを利用して、ぜひご参加ください。

★詳細はこちら
http://www.wbsj.org/press/110518.html

★小学校4年生以上のお子様と、その保護者の方が対象です。お申込みはこちらから
https://www.wbsj.org/form/f_event/grhol_oyako.html

 

| コメントはまだありません

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする